武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科

2年次 3年次 4年次 
〔情報表現研究(I表現技法)B〕

サウンドデザイン

古くから人間はモノをたたいたり、こすったりして音を出してきました。そして音楽も、技法や演奏の手順を記す手法の開発とともに発展してきたのです。音の要素を総合的にコントロールするシンセサイザーの登場は、こうした伝統的な考え方を大きく変えました。音は空気の振動であり、それを起こす電気信号を操作すれば自由に音が作れるようになったのです。こうした環境変化のなかで音をデザインするとはどういうことなのを考えながら、新しい表現の可能性を追求していきます。

トップへ