武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科

2年次 3年次 4年次 
〔情報表現研究III(メディア・制作)G〕

パッケージをつくる

パッケージは商品を包み、保護するためのものですが、商品の特性やメーカーのアピールしたいことを伝えるという重要な役割を持っています。また視覚的に情報を伝えるだけでなく、触覚的な情報も含めて、消費者の五感をうまく刺激する工夫が欠かせません。この演習では、実際に売られている商品を取り上げ、商品の調査、分析から商品特性、ブランドイメージなどを明らかにします。そして、紙を中心とした形づくりを経験した後、素材の面白さを活かすデザインを試みます。

トップへ