武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科

3年次 
〔デザイン情報学演習III〕

ブランディング・デザイン

ブランドによってイメージを高めることは、企業の競争力にとって欠かせません。しかしブランドは、企業の考え方、企業文化、サービスやプロダクトの存在感、コミュニケーションスタイルなど、さまざまな企業活動が影響しあった結果、社会の無意識のなかに出来上がってしまうものです。この演習では、講義と市場調査、具体的な事例研究をベースに、仮想の商品ブランド開発実験を通して、ブランド価値をつくり出して行くプロセスを体験します。デザインの総合性を具体的に体験する総合デザイン演習です。

トップへ