武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科

2年次 3年次 4年次 
〔デザインテーマ研究I(技術系)B 〕

応用メディア美学

映像作家は、観客が映像を見た時にどのように感じるかを先回りして考え、作品を演出します。そのためにはどのように音と光を扱えば効果的かを知っていなければなりません。さらに、いろんな人の協力なしに映像作品をつくることは不可能です。コトバやスケッチを使い、まず一緒に作品を作る人たちに作品の狙いを理解してもらわなければ、撮影を始めることもできません。講義ではこうした考えをベースに、古典的な美学論ではなく、映像作品を効率よくデザインするための具体的な方法を学びます。

トップへ