武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科

2年次 3年次 
〔コミュニケーション創発論Ⅰ〕

デジタルアート概論

1960年代にデジタルコンピュータが実用化されて以降、デジタル技術は創造的活動に用いられるようになり、次々に登場する新しい技術やメディアはその様式を変えてきました。この授業では、技術史・美術史的観点から、これまでに発表されたデジタルアート作品や作家を解説し、デジタル環境における芸術表現の変容と、現在どのような技術やメディアが作品制作に用いられているのかを学びます。

トップへ