武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科

1年次 
〔デザイン情報学基礎演習I〕

課題発見

デザイナーの原点は、何を問題としてどう解決するかを自分で決めることにあります。学校の授業とちがって、社会に出ればテーマが与えられることはありません。「自ら解くべき課題を発見する」をテーマとするこの授業はデザイン情報学科教育の出発点。社会を観察し、課題を明らかにし、解決方法を見つけ、最後はプレゼンテーションという具合に、デザインワークのエッセンスを4週間連日のチームワークで体験します。調査とアイディア開発、コラボレーションなど種々の方法を同時に学ぶ集中型の総合基礎演習です。

トップへ