武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科

2年次 
〔デザイン情報学特別演習I-B〕

タイポグラフィー

フォントとは現在、活字や書体の意味で使われますが、本来は一揃いの活字(大文字、小文字、数字など)を指すのです。欧文・和文を問わず、こうした知識は適切な書体選択だけでなくその組み方、さらには書体を開発するのに欠くことができません。グリッドシステムを用いた実践的な制作を通して、文字的なものに敏感になれる演習とします。

トップへ